一目均衡表(先行スパン1と先行スパン2と雲)

こんばんわ、耕一です。

今回は先行スパン1先行スパン2を勉強していきたいと思います。

先行スパン1先行スパン2を見るというよりは
ローソク足で売買の判断をします。

大きく分けて3つの判断があります。

1つ目はが薄くなった所をローソク足が上から下(または下から上)へ突き抜けた場合

画像を見ると、8月3日の20時頃に一気に下がっていますね。
売りサインがここに出ていたという事です。

2つ目はローソク足の上(または下)から入ろうとしますが、
雲の中ですぐに反発して上(または下)に戻った場合

6月26日頃に反発していますね。
買いサインがここに出ていたという事です。

3つ目はローソク足に入って停滞し、
を突き抜けた場合です。

8月4日の5時頃にを抜けましたが、
上がっている様には見えませんね。
色々な通貨で確認しましたが、3つ目に該当する画像は見つかりませんでした。
あまりあてにならないかも知れませんね。

という訳で、私は1つ目と2つ目で売買の判断をしたいと思います。

今日はこんなところで。
それでは、また~♪

押していただけると、大変喜びます。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする