一目均衡表

こんばんわ、耕一です。

このブログの見た目を決めるのにかなり時間が掛かってしまいました・・・。

さてまず最初のお勉強は『一目均衡表(いちもくきんこうひょう)』です。
googleで検索すれば山ほど出てくるので、
勉強には困りませんね。

一目均衡表には5本の線とがあります。
5本の線とは「基準線」「転換線」「遅行スパン」「先行スパン1」「先行スパン2」です。
とは「先行スパン1」と「先行スパン2」の間にある面積の事です。
と書いた所でなんのこっちゃなので、画像を作りたいと思います。

各線の意味は
基本線   :当日を含め過去26日間の最高値と最安値の平均値を記載
転換線   :当日を含め過去9日間の最高値と最安値の平均値を記載
遅行スパン :当日の終値を26日前に記載
先行スパン1:基準線と転換線の中間値を当日を含む26日先に記載
先行スパン2:当日を含め52日間の最高値と最安値の平均値を、当日を含め26日先に記載

と書いたものの良く分かりません。
もっとわかりやすく書くと・・・

基準線相場の方向性を見るための線。
転換線基本線よりも短期的な相場の方向性を見るための線。
遅行スパントレンドの変わり目を確認するための線。
先行スパン1先行スパン2の良く分かりません・・・。
単体だと余り意味を持たないのでしょうか?
しかし二つの線をの間にある面積、になると相場の強さを判断するのに使えます。

これなら私でも少しはわかる様になりました。

今日はこんなところで。
それでは、また~♪

押していただけると、大変喜びます。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする